身体の中から美肌効果

アミノ酸やビタミンが効く

男女

シミに効果のある薬には、さまざまな美白効果を持つ成分が含まれています。特に有名なのはビタミンCで、これは化学名でいえばアスコルビン酸です。紫外線を浴びた肌はダメージを受けています。アスコルビン酸のコラーゲン生成活性化作用は、メラニン色素の沈着を防ぎます。さらに、メラニン色素還元作用によって、すでにできているシミの色素を薄くするという薬用効果もあります。それから、シミの薬に配合されている成分の中で、最近知名度の上がってきたのがL−システインというアミノ酸です。肌の新陳代謝を助ける働きがあるので、シミを予防・改善する効果が期待されています。もうひとつ、L−システインと相乗効果を持つといわれている、パントテン酸カルシウムという成分があります。これは水溶性ビタミンの一種で、ビタミン5とも呼ばれています。肌を正常に保つ効果があるため、シミだけでなくアトピー体質の改善にも有効であるといわれています。

服用の際は過剰摂取に注意

シミを防いだり、できてしまったシミを薄くしたりする薬は、多くがビタミン類を主原料としています。そのため、重篤な副作用が起こることはめったにありませんが、たとえばビタミンC(アスコルビン酸)を含む薬でも、規定量を超えて飲み過ぎるとまれに腎臓障害を起こすことが報告されています。また、シミの薬に広く用いられるL−システインは、メラニン色素を薄くするため、俗に白髪を増やすということがネット等でいわれていますが、はっきりとした因果関係が証明されているわけではありません。ただ、糖尿病の人がL−システインを摂ると症状を悪化させる恐れがあるので、血糖値の高い人がこの成分を含むシミの薬を服用する際は、事前に医師に尋ねることをおすすめします。パントテン酸カルシウムも水溶性なのであまり心配はいりませんが、いずれにしてもシミの薬やサプリメントを飲むときは、過剰摂取を避けることが大切です。